今回は愛用ボールペンについてお話をしたいと思います。

イラストを描くためのPCについてで少し触れたのですが、私の愛用のボールペン。サラサクリップについて。

ジェルインクといえば!というくらいの定番のボールペン。
誰しもが一回は使ったことがあるのではないか?と思うほどの有名人…いや、有名ペンなわけですが、一体どこがいいのか、何が違うのかを解明していきたいと思います!

主な特徴

・ジェルインク
・バインダークリップ採用
・種類が豊富
・エコロジー

ZEBRA公式サイト
https://www.zebra.co.jp/pro/sarasa-clip/ より引用

ジェルインクとは?

主な特徴の中で、まず気になるのが、ジェルインク。
サラサラ〜っと書けるものが多いイメージですが、果たしてあっているのか!?調べましょう。とことんいきましょう!

ちまたのボールペンのインクの種類は主に3つ「油性」「水性」そしてこの「ジェルインク」(「ゲルインク」とも呼ばれています)。
それぞれの個性を比べてみましょう。

油性

・素材:染料(一部顔料)、アルコール系溶剤、樹脂、添加剤
・メリット:耐久性が強い。水に濡れても消えにくい。にじみも起きにくい。
・デメリット:発色が良くない。インクが固まりやすい。

水性

・素材:顔料(一部染料)、水、添加剤
・メリット:さらさらと書きやすい。
・デメリット:水性というだけあり、水に弱い。

ジェル

・素材:顔料、水、添加剤
・メリット:油性と水性のいいところどり!
・デメリット:インクの減りが早い。

なるほど。こんな感じか。三者三様メリットデメリットありますね。

そして、「だからか!」とつい言いたくなったのですが、ここ最近、昔に比べて替え芯の売場が大きくなったような気はしていたのです。
エコの時代になったもんだーなんて思っていたけれど、ゲルインクのデメリット、インクの減りが早いって言うのも替え芯が浸透した理由のひとつなのかも。

あ、今時買え芯は「リフィル」って言うんですね。はーすごい。オシャレな気がする。使っていきましょう。

サラサクリップのリフィルもボールペン本体の値段以下で買うことができるので、インクの減りが早いと言われても、「あ、そうなの?」レベルです。

種類が豊富

続きまして、嬉しいところ。
種類が豊富!

絵とか文とか書いていて、なにか色を使いたいなーって思ったときに、同じシリーズのボールペンで揃えたいじゃないですか!
そんな時、サラサクリップならば、ななななんと!全56色!これなら色に困ることはない!
そして太さも0.3〜1.0mmと種類が豊富にもほどがあるでしょ!?といいたくなるレベル。
いやぁいいですね。いつか全色全太さ揃えてみたいものです。

と、言うわけで。
今回はフリーイラスト・クラシックのボールペン描きシリーズでも使用しております。サラサクリップのお話でした。

Rentryノート おすすめのフリー素材イラストサイト10選!にて紹介されました。

Rentryノート