フリーイラストフリーイラストやフリー写真サイトで見かける著作権。

他にも音楽やキャラクターなどでもよく話題になっている言葉。

なんとなくは知っているものの、実際どんなものが著作権があって、どんなものが問題になるのか、いまいちよくわかっていないのは私だけでしょうか?

というわけで、今回は著作権について、自分なりにまとめていこうと思います。

はい。まずはG先生にお世話になりましょう。著作権で検索検索!

著作権(ちょさくけん、英語: copyright、コピーライト)は、知的財産権(知的所有権)の一種であり、美術、音楽、文芸、学術など作者の思想や感情が表現された著作物を対象とした権利である。
https://www.google.com/search?q=%E8%91%97%E4%BD%9C%E6%A8%A9&oq=%E8%91%97%E4%BD%9C%E6%A8%A9&aqs=chrome..69i57j69i61l3j0l2.3152j0j1&sourceid=chrome&ie=UTF-8より引用

噛み砕くと、著作権=(英語で)コピーライト。誰かが表現して作ったものは著作権がある。って感じでしょうか?
確かに、自分で生み出したキャラクターを誰かが「俺が考えたんだぜ!」ってみんなに言われたら嫌だし、なんならそれでお金儲けとかされちゃった日には、いやいやいや!それ私の!ってなるもんね。そういうことが起こらないように守ってくれる権利。ってことか。

色々と調べてみていくうちにわかったこと
①著作権は申請をする必要がなく、誰かが何かを生み出した時点で発生する
②著作権には自由に使える場合がある
③無断で使用をすると罰せられる(例外はある)

①著作権はあくまで作った人の権利だから、申請とかは必要がないらしい。
誰かが何かを生み出した時点で発生するので、逆に楽しむ側はかなりの注意が必要ってこと。気をつけよう。

②自由に使える場合の大半は、自分が楽しむこと。誰かに共有したりっていうのはアウト!ってことが多いみたい。(家族などは例外ってパターンもある)
そりゃ、楽しむ側がいなかったら生み出す側も意味ないものね。ただ、著作権には保護期間っていうのもあったりして、それが切れてるものに関しては自由に使うことができる。とのこと。

③よく映画館で映画の始まる前に流れるあれですね。実際に罰せられている人を身近に見た事がないから全然実感わかないけど。楽しむ側としても生み出す側の人の立場に立ってルールを守りましょうよ!って話だと思うのです。

※今回個人で調べた結果です。間違い等がございましたら、ご指摘くださいませ。

と、ここまでざっくりと著作権についてまとめてみたのですが、もっとちゃんと詳しいことが知りたい方はこちら(丸投げ)
http://kids.cric.or.jp/

そんな訳で当フリーイラスト・クラシックは著作権は放棄しておりません
会社のプレゼンでも、学校のプリントでも、お店の看板でも、広告でもなんでもござれ。むしろ使っていただけたら嬉しい。のですが!あくまでここにあるイラストは、フリーイラスト・クラシックが作ったものだ!という事をご理解していただいた上でご使用ください。

Rentryノート おすすめのフリー素材イラストサイト10選!にて紹介されました。

Rentryノート