今回は、「Illustrator」「Photoshop」についてお話したいと思います。
もう詳しくご存知の方も多いかと思いますので、もう超初期の知識をまとめていきましょう。

「Illustrator」「Photoshop」って?

アドビシステムズが販売している、ソフトウェア。
画像を加工したり、イラストを描いたり、なんでもできる。世界制服さえ出来るんじゃないかと思う。
WEBデザインや、印刷業界などあらゆる分野で活躍する。

人気の理由

デザイン系ソフトウェアの中でも軍を抜いて人気。
なぜそんなに人気なのか、理由は単純。便利だから。

個人的な話になりますが、私は数年ほど前まで、
twitterにあげるイラストやら、イベントのポスター、オリジナルグッズの作成等
sai、ComicStudio、PhotoStudio、ペイントなど様々なソフトを使いまわして無理くり作成しておりました。

出来ないことはないんです。みんなそれぞれ便利だし、それぞれに長所もある。
ただ、短所もある。

例えば
saiは文字を入れることができない。
ComicStudioはカラーがちょっと物足りない。
ペイントはレイヤーがない。
などなど。
(私の、しかも数年前の知識ですので、間違いがございましたらご指摘ください。)

いや、うん。
どのソフトも頑張ればできるんです。頑張れば。努力をすれば出来るんです。

その努力「Illustrator」「Photoshop」ならいりませんよ?
っていうくらい全てこれさえあれば出来るんです。
出来ることが多いんですよね。機能が多い。
万能で有能。人気の理由はそれです。

ただ、機能が多すぎてなかなかとっつきにくいっていうのが唯一の欠点かなと思います。
慣れるまで時間がかかる。
そして慣れるまではひたすら使うしか練習法はないという、典型的な体育会系。(おそらく個人差があります。)

「Illustrator」「Photoshop」ってセットなの?

「Illustrator」「Photoshop」を使い始める前に疑問に思っていたこと。
「Illustrator」「Photoshop」って対外セットで名前が出るけど、セット商品なの?そんな疑問を抱くのは過去の私だけかもしれませんが、過去の私に回答しましょう。

セットではありません。
単品で販売しております。

ソフトウェアを開発しているところが一緒と言う点と、できる機能に違いがある点から、セットで使う方が多いって話し。
わかったか?過去の私よ。

「Illustrator」「Photoshop」の違い

できる機能に違いがあると言いましたが、実際にどこが違うのか。

Illustrator

・通称:イラレ
・印刷物におすすめ
・ロゴや、レイアウトなどにおすすめ
・ベクトル画像

Photoshop

・通称:フォトショ
・WEB関係におすすめ
・写真加工ができる
・イラストを取り込んで色をつけるのにおすすめ
・ビットマップ画像

ざっくり言うとこんな感じ。
両方使ったら怖いものなし。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
当フリーイラスト・クラシックはPhotoshopを使用して作成しております。
シンプルテイストはPSDデータ(Photoshopで保存したもの)もございますので必要な方はお問い合わせよりご連絡ください。
それでは、今回はこのへんで!

One thought on “「Illustrator」「Photoshop」について”

現在コメントは受け付けていません。

カテゴリ

人物人物

食べ物食べ物

イベントイベント

ファッションファッション

動物動物

植物植物

乗り物乗り物

景色景色

建物建物

物語物語

文房具文房具

スポーツなどスポーツなど

欲しいイラストが見つからない時は、リクエスト!

Rentryノート おすすめのフリー素材イラストサイト10選!にて紹介されました。

Rentryノート